亀頭責めにおすすめグッズ25選!!振動・吸引・回転で最高の亀頭オナニー!!

カテゴリー: アダルトグッズ

亀頭オナニーがしたい。

しかし、手だけでは物足りない・・・。
かといって、他人に亀頭責めを頼むのも・・・。

そんなときに、「グッズを使おう!」と思うでしょう。

でも、亀頭オナニーグッズも色々あって何を使えばいいかわからないとお困りの方も多いはずです。

そこで今回は、オススメの亀頭責めアイテムと亀頭責めアイテムの選び方について解説!します。

ぜひ参考にしてくださいね!

亀頭責めアイテムの選び方のコツと注意したいポイント

亀頭オナニーは亀頭・鈴口・カリのみを刺激してペニスを刺激するオナニーの方法です。
手のひらで刺激したり、カリを刺激するなどで快感を得る方法です。

もちろん手でも可能です。

しかしながら、更に強い刺激を求める方はグッズに手を出したくなりますよね。

では、亀頭責めグッズについて解説していきましょう。

まず、亀頭責めグッズは大きく分けると下記のような5つの分類になります。

  • 吸引タイプ
  • 振動タイプ
  • 手動ホールタイプ
  • 電動ホールタイプ
  • 複合タイプ
  • その他

それぞれ解説します。

吸引タイプ

バキュームフェラのようにギュボっと吸引するタイプです。

商品としてはチュパリズムなどですね。

ペニスの先をギュンギュン吸われたい人に向いています。電動の吸引オナホについては電動ホールタイプで解説します。

振動タイプ

亀頭責めのド定番ですね。ブラックロック7などが有名です。

亀頭にローターなど振動するものを固定して刺激を与えるタイプがメインです。

手動で気持ちいい所を刺激するタイプもあります。

基本的にアクションは振動しかしないので、単調に感じる方もいるかもしれません。

最大のメリットは安価に手に入れやすいものが多い点でしょう。

手動ホールタイプ

いわゆる普通のオナホの形状でかつ、亀頭を重点的に刺激出来るようになっているタイプはこれに分類されます。

とは言え、亀頭攻めを求めている方にはもう一歩踏み込んだ刺激がほしいところでしょう。

日頃からオナホを使っていて、ちょっと変わり種がほしい方にはオススメです。

電動ホールタイプ

定番の振動タイプの裏でジワジワと需要が高まっているのが、亀頭責めに特化した電動ホールです。

人体では不可能な気持ちよさが感じられると話題になっています。

亀頭攻めに特化した、電動オナホールも複数存在します。回転・吸引等の様々なアクションで、ペニスに快感を与えられる商品が最近増えているんですね!

安いものは5,000円から高いものは30,000円まで、かなり振れ幅がありますが自分の求める機能やパワーに合わせて選ぶとよいでしょう。

高額なものの場合、回転とピストンが組み合わさっている商品などもあるので気になる方はぜひ一度チェックしてみてください!

電動オナホールについて解説している記事もあるので参考にしてください!

複合タイプ

ここまで紹介した商品の特徴を複数合わせ持つ亀頭責めアイテムも存在します。

例えば手動のホールに振動が加わったものや亀頭責めのローターと別のアクションの組み合わせ等様々な商品が存在します。

商品紹介では、様々な商品をまんべんなく紹介するので参考にしてくださいね!

その他

その他の商品としては、低周波責めや電マに亀頭責め用のアタッチメントを装着する方法やガーゼコキ等が存在します。

アイデアは無限大ですね。

これらは氷山の一角で、まだまだ様々な方法で亀頭オナニーを楽しむ上級者もいるようです。

しかしながら、初心者は最初からハードな亀頭オナニーをするべきではないでしょう。

亀頭オナニーの危険性やデメリットは?

デメリットや危険性としては亀頭がヒリヒリしてしまう可能性がある点です。ローションをしっかり使わないと、ダメージが残る可能性がありますね。

亀頭は尿道に面している事もあり、不潔な状態で触ると炎症を起こす可能性もあります。衛生面にも注意を払いたい所です。

また、あらゆるオナニーに共通した事ですが、やりすぎると遅漏になったりセックスでイケなくなる事もあります。何事も程々が大切です。

亀頭オナニーのメリットは?早漏改善?潮吹き出来る?

亀頭責めには、いくつかメリットがあるようです。

まず、早漏が改善すると言われています。

早漏とはペニスがとても敏感な状態です。
刺激に弱く、すぐ射精してしまうわけです。

そんな状態のペニスに亀頭の刺激を与えることで、刺激に慣れていくわけですね。

結果、超敏感だったイチモツは少し刺激に慣れるので、ちょっと触られただけでは射精しなくなります

更に、亀頭オナニーを極めると男の潮吹きが出来るそうです。

男の潮吹きを始め、トコロテンやドライオーガズム等の普通のオナニーの快感のその先の行為を楽しめる点は亀頭オナニーや亀頭責めのメリットであるといえるでしょう。

亀頭責めのメリット、デメリットを理解した上で様々なアイテムを利用してみてくださいね!

亀頭責めオススメアイテム25選!定番商品やワンランク上の商品まで紹介!

サックンストローク・ヘッドパンプ

←この商品について記載してください。

価格 ¥1,580
メーカー FETISH FANTASY
タイプ 吸引オナホ
オススメポイント 亀頭責めに必要なグッズが揃う!
電源 電源不要
水洗い 可能(防水)

商品説明
ホールカップにポンプがついており、バキュームフェラのような感覚が気軽に味わえる亀頭責めようの吸引ホールです。!
また、ペニスのサイズに合わせてリングも付属しているのでフィット感の調整も可能です。

付属品も充実しており、ローション・アイマスク・クリーナーなどがパッケージに同梱された充実の内容です。

ただ、刺激が物足りない方も多いらしく「本気の亀頭への刺激」を求めている方には物足りないかもしれません。

PULSEIII(パルス3)

価格 ¥11,600
メーカー Hot-Octopuss
タイプ 振動
オススメポイント EDサポートに使われる特許技術採用!
電源 USB充電式
水洗い 可能(防水)

スタイリッシュな見た目は本当にラブグッズ!?と疑ってしまうレベルです。

実はこの商品に採用されている技術は、EDサポート用の医療器具を応用したものです。
亀頭責めアイテムとは全く異なった刺激をペニスに感じるでしょう。

ボディ全体がシリコンで覆われており、防水なのでメンテナンスや衛生面も優れています。

勃起していなくても使える上に、オナニーからセックスまで広い用途で使えるのもポイントです。

値段は多少高額ですが、試す価値は確実にあるはずです!

ブラックコックブースター

←この商品について記載してください。

価格 ¥2,340
メーカー TONAMI
タイプ 亀頭攻めカップ
オススメポイント トゲトゲが先端を刺激!早漏防止トレーニングにも!
電源 ボタン電池LR44×3個使用
水洗い 不明

■商品説明
いわゆるネタ系のホールです。どこかで聞いたような名前とキャラクターは確信犯ですね(笑)

機能としては、亀頭をピンポイントに刺激出来る仕様になっています。
無数のトゲがあり亀頭責めに特化しています。それに加えて振動が快感を与えてくれます。

パワーもそこまでなく、値段も正直微妙な価格なのでこの商品を選ぶ必要は・・・。というのが素直な感想です。

とはいえ、亀頭や鈴口をピンポイントに責められる点メリットなので検討してみてもよいでしょう。

コブラ・リブレ2

←この商品について記載してください。

価格 ¥12,800
メーカー FUNFACTORY
タイプ 亀頭責めオナホール
オススメポイント 亀頭に優しくフィット!亀頭からカリが振動する快感!
電源 USB充電式
水洗い 可能(防水)

■商品説明

流線型のフォルムはどこかスポーツ車のようなコブラ・リブレ2

振動の静音性も高く、使うタイミングを選びません。
また、亀頭への刺激としてはガバッと開いた部分から奥にかけてくぼみがあり短いピストンが可能!

カリを引っ掛けるように刺激するも良し!
亀頭を押し付けて、振動の刺激を楽しむのもオススメです。

1人でもパートナーとも使えるのも大きなメリットですね!

医療用グレードのシリコンを採用しており、丸ごと水洗いも可能なので衛生面も◎

まとめ

亀頭責めについて解説してきました。

最近のグッズは、ひとりで使うものだけでなく、パートナーと一緒に使う事が想定されたアイテムが多くなってきているのも注目したいポイントですね!

それだけ、世の中が亀頭責めを認知してきている証拠であるといえるでしょう。

また、定番商品のブラックロック7のような安価モデルだけでなく、コブラ・リブレ2やPULSEIII(パルス3)などの高級モデルも合わせてチェックしたいところです!

ぜひ、自分にあった亀頭責めグッズを探して見てくださいね!

アダルトグッズのNLS