「勃ちが続かない・・・」中折れの原因と絶対にギンギンにする方法とフニャチン対策

カテゴリー: その他

いざ、セックスの際にフニャチンになる。

途中でフニャフニャになってしまい、フィニッシュ出来ない。

なんなら勃ちが悪い。

男の存在価値に関わる「タチの悪い」悩みを解消する方法を解説!

ガッチリと自信を取り戻せる用サポートいたします!

精力や勃起力は年齢と共に衰える

日本人男性のテストステロン減少平均値-1

年齢と共に男性ホルモンが減少していきます。それに伴って性欲も減退します。

更に、テストステロン(男性ホルモン)の減少は腹を弛ませ、活力を下げます。男としてマイナスの効果しかないのです。

  • 性欲がなくなって来た
  • 筋肉が落ちてお腹周りがブヨブヨ
  • 活力がなくなった

こんな特徴に当てはまる方は、男性ホルモンが減少している危険信号が出ています。

根本的に解決する方法としては、じっくり時間をかけて男性ホルモンを増やし男としての力を取り戻す方法が正統派ではあります。

しかし、時間もかかりますし「今スグ裁ってもらわないと困る」場面には対応出来ませんよね。

そこで、即対応出来る方法を紹介します。

即効性抜群!情けないイチモツを強引に勃てる方法

勃て!勃つんだ!と気合を入れれば入れるほど萎えていく・・・なんて経験一度はありますよね。

相手にも気を使わせ、自分も不完全燃焼。なんて事を避けるために強引にでもペニスを勃てる方法を解説します。

ペニスリングを使う

そもそも勃起のメカニズムはペニスを構成している海綿体が充血し膨張する事でカチカチになっています。

フニャフニャになってしまう場合には、この血の巡りが良すぎるケースと血がそもそも足りていないケースがあります。

力技で解決する方法としては、ペニスリングを使う方法があります。血の流れをキュッと絞り萎えにくいイチモツにパワーアップさせてくれます。

ペニスサックを使う

肝心のイチモツがヘロヘロでも、アタッチメントを使えば強く巨大なペニスを維持出来ます。

セックスがめんどくさければ、適当にパートナーを満足させる事も可能です。また、自分のテンションが上がって勃起して来た所で挿入するのもありですね。

この方法であれば「勃たない・・・どうしよう・・・」という焦りは未然に回避出来るのは嬉しいポイント。

ベットの傍らに忍ばせておいて、フニャってきたところでコッソリ装着!といった使い方も出来るのは嬉しいですね。

精力サプリを飲む・感度を高めるクリームを塗る

セックスの寸前に精力アップさせてくれるサプリやペニスに調節塗るクリーム等を使うのもオススメです。

マカやアルギニンなど精力を高める成分が入っているので、血流が良くなったり、感度が高まる等の効果が期待出来ます。

また、「サプリやクリームを使ったので大丈夫」という自信にも繋がります。勃ちが悪いのはメンタル的が原因の場合もあるので、その点の支えになってくれます。

更に効果を求める人はバイアグラがオススメ

サプリメントはあくまでも、食品です。

サプリではどうしようもないと考える方は、医薬部外品のバイアグラの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

ジェネリックであれば、比較的手を出しやすい金額で購入可能です。

また、製薬メーカーが作っている事もあり

セックスの前の飲酒を避ける

セックスをする前に、お酒を飲むのは避けましょう。

酒を飲んだ後のセックスはあまり気持ちよくないと思う方も多いでしょう。

その理由は、飲酒をすると血流がよくなり萎えやすくなるためです。

しっかりと勃起していないと快感は半減しますよね。

多少の飲酒は問題ないのですが、多量に飲酒してしまうと情けない結果に繋がります。

じっくり改善!根本から勃起力を取り戻す方法

ここからは、多少時間がかかる方法で勃起力を改善する方法について解説します。

筋トレする

筋トレをすると、男性ホルモンが増えます。

中でも「テストステロン」という男性の魅力を司ると言われている男性ホルモンは筋トレによって増えると言われています。

また、筋肉が付けば自信が増し勃起力も上がるはずです。

というのも、勃起不全やEDは身体的な要因はもちろんですが、メンタルにも大きな影響があります。
男としての自信をつけるのに筋トレは最短で効果が有るかと思います。

PC筋を鍛える

PC筋はケツの穴につながっている筋肉の事です。

便意を抑えてる時等に良く使用します。あのギュッと引き締める感覚は実は勃起のキープにも一役買ってくれるんです。

というのも、ペニスを充血させた状態をキープするためにはこのPC筋が非常に大切です。しかし、PC筋は骨に支えられているだけの筋肉なので長時間座っているとドンドン衰えてしまいます。

そのため、加齢によってPC筋が衰え勃起力も低下するケースも少なくありません。

PC筋の鍛え方について詳しく解説している記事も是非参考にしてください。

オナ禁する

特にセックスの際に勃ちが悪い場合には自慰行為のしすぎの可能性もあります。

一度オナ禁・オナ減をしてセックスするのも良いでしょう。

また、オナニーのしすぎは男性ホルモンを減退させるとも言われています。毎日自分でするのはやめて、徐々に減らして言ったほうが中折れのリスクは減るでしょう。

オナ禁のメリット・デメリットについてはコチラを参考にしてください。

想像力を高める

昨今、検索窓に文字を打ち込めば簡単にエロコンテンツにアクセスできます。そのため、女性とセックスしているのにそこまで興奮を覚えない方も少なくありません。

その対策として、エロ画像やAVを絶ち想像力を豊かにするのもおすすめです。

方法としては、

  • 官能小説を読む
  • イメージや妄想でシコる
  • 女性をなるべく多く口説く
  • < /ul>

などが挙がります。

自分の妄想力をふくらませるのはもちろん、女性を口説くとイメージが膨らむだけでなく男性ホルモンやアドレナリンがドバドバ出るので男性としての機能が非常に高くなります。

口説く女性がいないという方は、出会い系や相席屋等様々な方法でなるべく多くの女性と会う機会を作ってみてください!

精力増強する食事を取る

牡蠣、うなぎ、にんにく、あんこう、白子、アサリなどのいわゆる精のつく食品を多く取るのも一つの手でしょう。

また、亜鉛・マカ・アルギニン等をサプリで補うのもオススメです。

男性ホルモンの補充療法を受ける

男性ホルモンがどうしても足りない場合には、最後の手としてホルモン注射するのも手かもしれません。

基本的には、男性更年期等のホルモンの増減によって体や精神に不調が出ている場合にのみ受けられる方法と考えておいた方がいいでしょう。

しかしながら、勃起不全も男性の更年期障害の症状の一つの可能性があります。性欲減退やエネルギー不足などを感じている方は検討しても良い方法でしょう。

費用は数千円程度で可能なので、病院に行くのが億劫でない場合は是非一度試してみてください。

まとめ

中折れ対策について解説しました。

男性としては、セックス中にフニャフニャ・・・。なんて絶対に避けたいですよね!

中折れ対策の具体的な方法は下記です。

■即効果を期待する人向けの方法
ペニスリングを使う
ペニスサックを使う
セックスの前の飲酒を避ける
バイアクグラや精力剤を使う
■根本から解決したい人向けの方法
筋トレする
PC筋を鍛える
オナ禁する
想像力を高める
男性ホルモンの補充療法を受ける

是非参考にしてみてくださいね!