出会い系のキャッシュバッカー(CB)とは?手口と見分け方

カテゴリー: 恋愛・セックス

最終更新日: 2018年10月12日

キャッシュバッカーとは、出会い系似存在するキャッシュバック機能を悪用して小遣い稼ぎをする女性会員のことです。

キャッシュバック機能とは、女性が出会い系の中で行動をするとポイントが還元される機能です。
還元率は微々たるものですが、これをスキマ時間のお小遣い稼ぎと推奨しているサイトもあります。

今回は、キャッシュバッカーの手口と見分け方について解説します。

キャッシュバッカーがいる理由

キャッシュバッカーの手口や見分け方について解説する前に、
そもそもなぜキャッシュバッカーがいるのかについて解説します。

キャッシュバック機能が登場した理由は、もともとは出会い系に一般女性を呼び込むためのものでした。

出会い系の運営としては、なるべく多くの男性会員にお金を使ってもらいたいのが本心です。
そのためには、女性をたくさん呼び込んで男性とメッセージを沢山やりとりしてもらう必要があります。

女性会員の活動活性化のためのキャッシュバック機能でした。
しかし、キャッシュバッカーには小銭稼ぎという本来の目的とは異なる形で悪用されているんです。

とはいえ、昨今の出会い系のメッセージ一通あたりの還元率は1円程度なので、1時間に100通近くメッセージのやりとりをしないと時給100円にすらなりませんし、1時間で100通のメールを送るには36秒に1通のメールを送る必要があります。

今どき出会い系でキャッシュバッカーをやっている女性は賢いとは言い難いですね。
バブリーな頃は還元率が高い出会い系も存在しましたが、本来の目的でない女性会員が殺到してしまったため、現在の料金体系に落ち着いたようです。

【出会い系のキャッシュバックの例】

行動 女性の報酬 男性の負担額
メール1通 ¥1~19.8 メール一通¥50
電話 1分15円前後 電話15秒で30円
行動 女性の報酬 男性の消費
メール1通 ¥1~19.8 ¥50~
電話 1分:¥15前後 15秒:¥30前後

キャッシュバッカーの目的は、なるべく効率よくお金やポイントを稼ぐことなので還元率が高い出会い系になるほどキャッシュバッカーが多い傾向にあります。

デジカフェという出会い系サイトなのですが、女性として登録すると男性からメールを受信したり男性とチャットをするとポイントが貯まっていきキャッシュバックもできます。
ウラデジモードというのもあり、エロありのモードなんですがポイントが2倍近くたまります。
うまくやれば結構稼げるみたいですよ。
在宅ビジネスをやっていらっしゃる方からの情報をお願いします! パソコンで出来...

しかし、当サイトでオススメしているハッピーメール・PCMAX・ワクワクメール・Jメールなどはキャッシュバック機能はあるものの¥1~2程度なのでそこまで心配しなくても問題ないでしょう。

ですが、一般会員になりすましているため見分けるのが難しいので万が一引っかからないように手口や特徴を知っておくと安心です。

キャッシュバッカーの手口や特徴

キャッシュバッカー手口は色々あります。
しかし、目的は「キャッシュバックを可能な限り多く獲得すること」です。

出会い系によってキャッシュバック機能の特徴は若干異なりますが、

還元率が高い別のサービスに誘導をしようとしてくる
メッセージをなるべく長引かせようとする

など様々なパターンが考えられます。

では、具体的な手口をみていきましょう。

エロ系で釣って来る

まず、出会い系において総じて相手にする価値のない女性会員の特徴として、下記の2つが挙げられます。

「やたらエロいプロフ写真」
「超積極的なメッセージ」

などの特徴がキャッシュバッカーに当てはまることがあります。
仮に、キャッシュバッカーでなかったとしても業者の可能性が高く相手にしても無駄なのでメッセージが来ても返信しないようにしましょう。

短文やコピペでメッセージを大量に送っている

キャッシュバッカーはメッセージの回数を増やすことで小銭を稼ぎます。
そのため、メッセージは短文でスピーディーに返信があります

また、とにかく大量にメールを送らなければ収入も上がらずオヤツ代にもなりません。
効率よく大量に送るためにコピペで大量の男性会員にメッセージしている可能性もあります。

また、短文で返答してくるので会話が成り立たないこともあります。

ギリギリ成り立ってるか成り立ってないかみたいなやりとりになることが多いです。

女性会員はメッセージをどれだけ送っても無料なので、連投で返信をしても別に問題はないはずなのですが、質問に対して回答がなかったり、やたらと勿体つけられたりするとキャッシュバッカーと疑ったほうが良いかもしれません。

実際に会う約束まで取り付けてメッセージを促す

キャッシュバッカーの特徴としては、メッセージの中で実際に会う約束を取り付けようとしてきます。

もちろん会えません。

これは、メッセージを長引かせるための工夫です。

女性から前のめりに、

dummy
CBちゃん

会いたいな 欲求不満で困ってます・・・ 
大人な関係ってイヤですか・・・?

と言われると男性も浮足立ってしまいますよね。
浮足立った男性は、

dummy

いつ会う?どこで会う?

と連絡を送ります。

ですが、のらりくらりとかわされ日程が中々決まらない状態がしばらく続きます。

そして、具体的な日取りや日程が決まったら、その場所は無人。

ここまでがテンプレ化された出会い系のキャッシュバッカーの手口です
女性と会いたい哀れな男性から少しでも多くのポイントを搾取するための方法の1つといえるでしょう。

出会い系の電話機能を使いたがる

「声が聞きたいな♡」なんて言われたら、ドキリとしますよね。

ですが、この際に絶対に自分の電話番号やラインなどの連絡先を教えてくれることはありません。
出会い系サービスの中のボイスチャット機能や電話機能に誘導されます。

その理由は、上記の還元率の表にもあった通り、メッセージのやり取りをするよりも、還元率が高いためです。

こちらに気があるならば、連絡先を教えてゆっくりと連絡を取り合うはずなのでわざわざ出会い系の電話機能を使おうと提案してくる女性は疑ったほうがいいですね。

別のサービスに誘導してくる

普通の出会い系を使って連絡を取り合っていたにもかかわらず、急に別のサービスの利用を提案してくるケースもあります。

ここで言う別のサービスはラインやカカオなどではなく、別の出会い系サービスです。
還元率が高いなどキャッシュバッカーにとって都合の良い要素があるサービスに誘導をされるわけです。

だいたいそういった出会い系は、メッセージ1通あたりの金額がべらぼうに高かったりするクソ出会い系なので使う価値はありません

煽って怒らせる

怒らせてメッセージを送らせる猛者もいます。

具体的には、男性がブチ切れてしまうような内容のメッセージを送りつけ挑発して来ます。

男性は、カチンと来てしまうと反論せずにはいられなくなります。
反論をされたら更に煽り、やり取りをどんどん長引かせていきます。

確かに赤の他人にいきなり暴言を吐かれたらカチンとくるのもわかります。
ですが、メッセージを長引かせるとキャッシュバッカーの思うツボです

メッセージ1通にはお金がかかっています。
出会えない女にお金を使う価値はありませんし、時間も無駄です。

カッとならずに、無視が得策です。

プロフィールを頻繁に変える

キャッシュバッカーとわかると、義憤に駆られた男性たちによってネット等に晒し上げられたりします。

晒しあげられてしまうと、キャッシュバッカーとして活動できなくなってしまいます。
そのため、プロフ写真やプロフィールなどを頻繁に変えます

また、男性のターゲットを変更するためにもガラリとプロフィールを変えたりします。

例えば今まではギャル系だったのが清楚系に変わるなどです。
そうすることで、今までとは別のタイプの男性からの反応がよくなるので、また別の男性を騙し小銭を稼ぐのです。

また、過去に騙されたキャッシュバッカーと気が付かずに相手をしてしまう可能性もあります。
同じキャッシュバッカーに2回も3回もひっかからないように対策したいところです。

キャッシュバッカーに引っかからないようにする対策法は?

キャッシュバッカー対策としては、相手の目的(小遣い稼ぎ)を理解しておくことでしょう。

キャッシュバッカーはなるべく長くメッセージを長引かせようとしてきたり、別のサービスに誘導しようとしたりしてきます。

連絡先を交換するまでは10通程度のメッセージのやり取りをする必要があると思っていますが、10通以上メッセージのやり取りをしても。一向に関係が進展しない場合には深追いせずに切り上げるのがオススメです。

キャッシュバッカーは通報しても、よほど悪質でない限りは強制退会させることは難しいです。
なので、こちらがある程度自衛する他に対策はありません。(明らかに悪質であると判断したら通報はした方がいいです)

また、連絡先の交換には応じないのに、会う約束を取り付けるのには妙に乗り気な女性もキャッシュバッカーの可能性が高いといえるでしょう。

まずは、連絡先を聞き出してから関係を深めて実際に会うという流れがなんと行っても王道であり、失敗のなく女性と出会いに繋げられる手堅い方法です。

「キャッシュバッカーかもしれん・・・」と思ったら、メッセージを切り上げたほうが良いでしょう。

キャッシュバッカー・サクラ・業者の違い

ところで、出会い系を利用するにあたって話題に上がるお邪魔三兄弟がいますよね。

それは下記の3つです。

  • サクラ
  • 業者
  • キャッシュバッカー

業者とサクラって同じ?と言われたりしますが、結論からいうとすべて別の独立した存在です

キャッシュバッカーは上で説明した通り、お小遣い稼ぎの一般会員の女性のことです。

サクラは一般会員を装って活動している、出会い系の運営が雇った会員です。
当サイトで紹介している出会い系には、業者やキャッシュバッカーはいるかも知れませんが、サクラは確実にいないと断言できます。

出会い系の業者とは、風俗などに誘導することを目的としています。
一般会員にまぎれて登録しているので一見見分けるのは難しいように感じますが、すぐに会おうとしたり、値段の話等をすぐに持ちかけてくるので見分けるのは簡単です。
また、風俗以外の業者も存在するします。

詳しくは、こちらのページで解説しているので参考にして下さい。

<--出会い系業者-->

キャッシュバッカーか怪しいと感じたらメッセージを切り上げろ

ここまで、キャッシュバッカーについて解説してきました。

キャッシュバッカーは小遣い稼ぎのために出会い系を悪用していて、特徴としては出会えないにもかかわらずメッセージを長くやり取りしようとしてくることです。

対策法は上で紹介した、特徴に当てはまるようなやりとりをしてきたら深追いせずに別の女性にターゲットを移すのが良いでしょう。

キャッシュバッカーや業者などは、出会い系を利用するにあたって100%回避するのは難しいです!
なので、しっかり自衛して騙されない様になりましょう!

見分けるのはカンタンですし、見分けられる様になればどの出会い系でもその術を活かすことが出来ます!
是非、当サイトで紹介しているキャッシュバッカーや業者・サクラの見分け方を参考に、効率よく出会いに結びつけて下さい。