出会い系で騙された!?詐欺被害にあったケースと対策方法

カテゴリー: サイト・アプリ

出会い系って危険なんじゃないの?という方も多いのではないでしょうか?

最近ではイメージを変えるために悪質なユーザーを徹底的に取り締まっています。

その結果、トラブルや被害などの件数は減少傾向にあります

出会い系詐欺
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/deaikei.html

今回は詐欺の実例等を紹介しつつ、解説して行きます。
万が一お金を取られてしまった際の対策法についても解説します。

出会い系における詐欺の手口

では、出会い系に存在する詐欺の手口について解説していきましょう。

大量にメールを送ってきて撒き餌にする

業者などの手口と似ているのですが、男性が思わず読んでしまうようなエッチなメッセージを送ってきて男性の気を引きます。
そして、返信をさせメッセージのやりとりをし、別のサービスに誘導したり、お金を巻き上げたり、することが目的です。

「追加で○○円振込めば連絡先を交換できる」などというのは典型的な詐欺シナリオであり、出会い系サイトに限らず昨今の婚活ブームに便乗し て、同様な手口で結婚詐欺などでも同じ手口が横行しております。パチンコや競馬など射幸心を煽るのと同様に、「あなたに会いたがっている女性(男性)がい る」などと持ちかけ、大いに期待感を持たせるのが特徴で、一度お金を投じてしまうと「せっかく支払ったお金が無駄になってしまう」という心理が働き、ズル ズルと何度もお金騙し取られてしまう傾向にあります。北法律事務所

いきなり女性から積極的なメッセージが送られて来たら疑ってかかった方が良いでしょう。
あるいは、男女問わず、「親族の遺産を相続してお金が余っている」「あなただけに教えたい、儲け話がある」「あなたとても興味がある」など、あまりにもオイシイ話が転がり込んで来た場合には一度冷静になってから対応すべきです。

また、こういった話が2度も3度も続く場合には詐欺サイトと判断して問題ないかもしれません。

別のサイトに誘導する

上記のような大量に送ってくるメッセージ以外にも、普通にやり取りをしていく中で別のサイトに誘導してくるパターンもあります。
理由付けとしては下記です。

・メールアドレスを変えたので、こちらへ連絡して欲しい。
(こちらというのが有料サイトへの誘導、高額な会員登録費などを請求)

・一人で寂しいから写真を送って欲しい
(写真を送ると出会い系サイトの利用規約違反となり、違約金などを請求)

・芸能人とやり取りできるなどと称し有料サイトへ誘惑
(特に女性に対する詐欺手口、メールのやり取り1回○円などを請求される)

・知り合った女性(男性)から、身内が病気で手術費が必要などと持ちかけられる
(相手方に直接現金等を渡してしまい、その後連絡が取れなくなるケース)

出会い系詐欺サイトの誘導方法 北法律事務所

これは男性・女性どちらであっても引っかかる可能性があるので注意です。

深くハマってしまうと、法外な金額を使ってしまうケースもあります。
また、「出会い系を利用して詐欺にあってしまった」という後ろめたさから相談できずに泣き寝入りになってしまうことも・・・。

詐欺にあってしまったと気がついたら即座に相談をするのが大切です。
利用していたサービスが存在しなくなっていたり、交換した連絡先が消滅していたりすると証拠がなくなり、お金が取り戻せる可能性が下がってしまいます。

ワンクリック詐欺

spoc01
スマートフォンでのワンクリック詐欺|正しい対処方法と予防 Norton Blog

上記で紹介したような女性からのメッセージのリンクを踏んでしまった場合、誘導された先でワンクリック詐欺等に合うことがあります。

完全な架空請求のため無視を決め込んで大丈夫なのですが、びっくりして支払いをしてしまう女性がいるのも事実です。
ですが、双方の合意がない以上支払いの義務はないので、「身元調査を行う」「裁判を起こす」「取り立てる」など半ば脅しのような文言が並んでいますが、相手にする必要はありません。

というのも、支払いの義務はないのでこれらの脅しのような行為に出てしまったら相手が損を被るだけです。

フィッシング詐欺

悪質な出会い系サイトの場合、胴元が詐欺行為を行っている可能性があります。

それこそ、上記のようなワンクリック詐欺もありますしフィッシング詐欺も注意が必要です。

フィッシング対策協議会

フィッシング詐欺の目的は銀行口座の情報やクレジットカード情報を盗むことが目的です。

出会い系の場合、年齢確認やポイント購入などでクレジットカードの決済が必要な場面があります。
本当に悪質な出会い系の場合、そもそもこの決済画面が偽物でこの画面にカード情報を入力してしまうと、カード情報が盗まれてしまいます。
万が一情報が相手に渡ってしまうと、不正利用などに使われてしまう可能性があります。

クレジットカードを不正利用等されてしまった場合には、即座にクレジットカード会社に連絡しましょう。
また、不正利用に気がつけるように利用通知を設定しておきましょう。

ちなみに出会い系で口座の登録が必要なものは存在しないので、入力を求められた場合には、確実に詐欺サイトと判断して問題ありません。

詐欺被害に合わないようにするための対策

詐欺被害に合わないようにするためには、事前の対策が必要です。

万が一、悪質な詐欺行為に遭遇してしまった場合の対策法を紹介します。

年齢確認がない出会い系を選ばない

まず、あまりにも登録が簡単すぎる出会い系は登録しないほうが良いでしょう。

個人情報はなるべく漏らさない

やり取りの中で、電話番号やその他の連絡先・住所などの個人情報を要求して来る場合疑ってかかるべきです。
特にファーストメールで連絡先を要求して来るなどの場合には、確実に一般女性ではないと判断できます。

また、自分から伝えた覚えがない場合には、自分から相手に連絡をするなどして自爆をしないようにしたいところです。

誘導されても従わない

「別のサービスの方が使いやすいからこっちでやり取りしよ」などと言われてもホイホイついて行ってはいけません。

基本的には、現在使っている出会い系サービスではできない悪徳行為を行うために別サイトに誘導しようとしています。
そのため、従う価値はありません。

お金を請求されても払わない

ワンクリックやその他の架空請求などでお金を請求されても、絶対に払ってはいけません。

請求する側と支払い側の双方の合意がなければ支払いの義務は発生しません。
脅されてもその義務は揺るぎません。

万が一支払ってしまった場合の取り返し方についてはこちらのサイトで解説しているので、参考にしていただければと思います。
ワンクリック詐欺に支払ったお金を返金する手順・方法をわかりやすくまとめてみる!

お金を払ってしまった場合にはどうしたら良いのか?

万が一お金を取られてしまった場合には、国民生活センターに相談しましょう。

消費者被害にあってしまった場合、相談に乗ってもらえます。
どうすればいいかわからずパニックになってしまった場合は、一息ついて被害にあった時系列を整理してから連絡をするとスムーズに相談が進むはずです。

出会い系で詐欺にあわないためには

ここまで、出会い系の詐欺について解説して来ました。

自衛も大切ですが、一番大切な詐欺対策は悪質な出会い系を使わないことです。
どんな出会い系であっても、業者などの質の低い会員は若干ではありますが存在します。

ですが、出会い系の運営がそもそも詐欺のために作られている心配はありません。
詳しくは「出会い系=危険というわけではない」について解説をしている記事もあるので、こちらも参考にして下さい!