股間女装ができるタックとは?女の子の股間を再現する方法を紹介!

カテゴリー: サポート・性の悩み

最終更新日: 2019年12月25日

女装のための股間タックという技術をご存知でしょうか?

男性器を持ちながら、男性特有のもっこり感をなくせる技術があるんです。

男なのに女の子のおまんこを手に入れられる」そんな方法を紹介していきます!

股間タックとは?

女装に置ける技術的なもので、男性器を体内にしまい、あたかも女性器のようにすることです。

そもそも、”女装タック”や”股間タック”の「タック」とはズボンやスカートのヒダの事を指す場合が多いです。検索エンジンを使って検索してみると下記のような説明しか出てきません。

タック【tuck】

洋裁用語では、折り込み、揚げ、つまみ、縫いひだなどを意味する。布の表面を装飾する、丈や幅を縮める、運動量をとる、体に沿わせるなどのために、平面的な布の一部をつまんで、装飾的に立体化する技法の一つ。

引用:コトバンク

なので、女装タックや股間タックは隠語となります。タック=折り込むから、股間タック=股間を折り込むと言った意味になる訳です。

簡単に言ってしまえば、ペニスを折り込んで疑似マンコにすることです。

女装するのに股間タックは必須?

「女装する際に股間タックは必ず必要か」と問われると、答えはNOです。人それぞれ好みの問題になってきます。

そもそも女装とは外見の衣装上は女性になる男性の事を差します。

女装(じょそう)とは、それぞれの文化によって「女性用」と規定されている衣服・装飾品を男性が身につけ、これによって外見の衣装上は女性の姿になることを云う。 性別違和症候群で女性の心を持つ生物学的男性が女性の服装を着ることは女装ではない。

引用:Wikipedia

男性だとわかりはするものの、女性のような綺麗な見た目に惹かれることはよくあります。

実際、女装について「ほのかに残る男性感が好き」という方は多いです。

なので、女装したからといってタックしなければいけないということはありません。あえて男性感を残すのもありなんです。

ただ、そうは言っても衣装によっては股間のもっこりが気になるという人もいるでしょう。ホットパンツやレオタードなどですね。

タックして女性のような股間の方が映える場合もあるので、その場合は股間タックを活用すると良いと思います。

股間タックの利点

上記で触れてきてはいますが、改めて股間タックの良い点を紹介していきます。

女装のための技術である股間タックの利点は下記です。

  • 男性特有のもっこりを消せる
  • 女性のオマンコのようにも出来る
  • 自由自在に性別を変えられる

1つ1つ詳しく紹介していきます。

股間のモッコリ感を消せる

股間タックで一番良い点と言えば、やはり男性器のもっこり感を隠せることでしょう。

パンティを履けばまるで女性の下着姿を見ているような錯覚さえ起こせます。

ぴっちり系の衣装を着る際に股間タックを活用すると見映が良い場合もあるでしょう。

女性の股間を再現できる

コツを掴み、上手く股間タックが出来るようになると本物のオマンコのような形・見た目にすることもできます。

疑似ビラビラの間からオシッコをすることも可能で、女性の気分を味わうことだって出来るんです。

というのも、普通に男がいつもやるように立って行うとおしっこが脚にかかります。

なので、股を開きしゃがんでおしっこをする必要があるんです。

必ず座って行わなければならないという気持ちになるので、少し女性の気持ちがわかるのも良い点かもしれません。

自由自在に性別を変えられる

厳密に言えば女装や股間タックしたからと言って性別まで変わるわけではありませんが、そのような感覚になれるという意味です。

股間タックという方法を使うことでペニスのある男性のままでもいられますし、女性のようなおまんこの見た目で女性気分を味わえます。

気分次第で自由自在に性別を変えられる訳です。

股間タックの安全性・危険性

女性のような股間を手に入れられる股間タックですが、良い点ばかりではありません。

股間タックをすることで生じるリスクもあるので注意が必要です。

タックのリスクとしては下記があります。

  • 上手く出来ないと睾丸に痛みを伴う
  • 男性器とは別の部分に痛みや症状が生じる
  • 男性機能を失うこともある

上記の症状は、タックを長くやりすぎたり固定方法に問題がある場合に起こります。

なので、長時間のタックは控えたり固定がキツくなり過ぎないように注意することが重要です。

睾丸に痛みを伴う

股間タックが不慣れなうちは、睾丸を体内に入れるのに苦労すると思います。

無理に入れようとすると痛みを伴う場合があるので、股間タックをする際は慎重に行いましょう。

女装する際に時間がないからといって手早く行うのはおすすめ出来ません。時間に余裕がある状態で行うようにしましょう。

男性器とは別の部分に痛みや症状が生じる

股間タックを長時間続けたり、固定方法を間違えると様々な症状が生じてしまいます。

しかも、慢性的に起こるため体調面は最悪と言って良いでしょう。

    • 腹痛
    • 吐き気
    • めまい
    • 下痢

少しでもこのような症状が出たら、即刻股間タックをやめることをおすすめします。

それでも治らない場合は病院へ行くようにして下さい。

股間タックを行っていて上記の症状が出た人の多くは、長期間にわたってタックしていた人ばかりなのでやり過ぎは注意です。

男性機能を失うこともある

股間タックは睾丸を体内にしまう行為だと説明しました。

もともとは外に出ている睾丸を体内に入れてしまうのですから、多少リスクがあることはわかると思います。

股間タックのリスクとしては、生殖機能が低下してしまう場合があります。

というのも、精子は熱に弱いとされています。

精巣でつくられるためには、体温よりも低い34~35℃という温度環境が必要とされ、温度が高くなるほど精子が形成されにくくなるようです。

つまり、体内におさめてしまうと温度が高くなりすぎてしまうのです。

その結果、男性機能の低下につながる訳です。

股間タックのやり方・コツを掴んで綺麗なワレ目を作る!

上手な股間タックのやり方やコツを掴んでしまえば女性の股間のようなワレ目を作ることもできます。

大体の流れはこんな感じです。

  • 1.必要なアイテムを用意する
  • 2.毛の処理をする
  • 3.睾丸を体内にしまう
  • 4.尿道を作る
  • 5.全体をテーピングで固定する
  • 6.ペニスを倒す
  • 7.成形する

1.必要なアイテムを用意する

股間タックを行う際には幾つかのアイテムが必要になります。

必要なアイテムをピックアップしてみると。

  • 剃刀
  • シェービング剤
  • 医療用テープorビニールテープ
  • 接着剤(無くても良い)

剃刀は肌に優しい、刃の多いタイプで新品のものを使いましょう。古く状態の悪い剃刀を使って毛を剃ろうとしても上手く剃れず、毛が絡まって痛い思いをすることになります。

また、シェービング剤も必要です。ボディソープではスムーズかつ綺麗に剃れないので用意しましょう。

そして、一番重要なテープですが、これは医療用のテープを使うことをおすすめします。ビニールテープでも代用は出来ますが、肌に貼り付けるものなので人体に悪影響の少ない物の方が良いでしょう。

最後に、接着剤は皮膚を留めるために使うものですが、使うか使わないかは人それぞれで大丈夫です。テープで留めていることを知られたくない場合や、より女性のおまんこに近づけたい場合に使用すると良いでしょう。

2.毛の処理をする

アイテムを揃え終えたら、股間タックを行っていきましょう。

まず始めに行うのは陰毛の処理ですが、ムダ毛が多い状態でタックを行うと後々後悔することになるので注意が必要です。

なぜなら、股間タックする際にテープで固定するからです。

後々テープを剥がすことになりますが、その際毛が多いと相当な痛みを伴います。気をつけましょう。

3.睾丸を体内にしまう

睾丸を体内にいれると言われて「何を言っているんだ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、睾丸は体内にしまうことができます。

ペニスの付け根あたりに玉が収納できる窪みがあるので、そこに押し上げるようにタマを収納するんです。付け根あたりを触ってみるとぽっこりと穴が開いているのが分かると思います。

初めて睾丸を入れる際は少し痛みを伴う場合もありますが、何回もやることで痛みがなくなります。リラックスして、何回か行い慣れると良いでしょう。

ただ、入れる際に捻れた状態だと痛みを伴うので注意が必要です。鈍痛が続くようならスグにタックをやめましょう。

尿道を作る

タマを収納し終えたら、次は竿の方を調整していきます。

股間タックを行ってから2時間、3時間と時間が経つと尿意を催す人もいるでしょう。そんな時に尿道を作っておかなければ排尿出来ません。最悪股間タックのやり直しになるのでしっかり作っておきましょう。

作り方としては、まずペニスの包皮を伸ばして包茎のようにペニスを包み込みます。勃起していると難しいので、勃っていない状態で行いましょう。

包皮を完全に被せたら先端をテープで巻いてペニスが出てこないように巾着状態にして下さい。ただじキツく締めすぎないように注意が必要です。

ペニスを倒す

尿道を作り終えたら、次はペニスを倒していきます。

まずテープを15cmほどの長さにカットし片側の先端から縦に裂くように3分の2まで切り込みを入れます。これで二股に分かれのですが、これは肛門の両サイドに貼り付けられるようにするためです。二股にしなければ肛門を塞いでしまいトイレに行けなくなるので注意が必要です。

テープの用意が終わったら、二股とは逆の部分をペニスに貼り付け折り曲げるようにペニスを肛門側へ倒していきます。この時、睾丸が出てこないように軽く押さえながらペニスを倒していきましょう。思いっきり倒すのがコツです。倒し終えたらテープを肛門の両側に貼り付けましょう。

成形する

ペニスを倒し終えたら次は陰嚢の皮をペニスの両側から出します。その後陰嚢の皮でペニスを包み込むようにワレ目を作ります。

ここで接着剤を使うかテープを使うか使わないかに分かれます。女性の股間をイメージし綺麗に成形し接着剤またはテープで固定していきましょう。接着剤の方も、一度テープで固定した方が接着まで形が崩れにくいので貼ると良いです。

まとめ

ここまで女装用の股間タックについて紹介してきました。

男性特有のモッコリ感をなくし女性のような股間を手に入れたい方にはおすすめです。

ただ、リスクもあるのでやり過ぎに注意し上手く活用して下さい。

また、股間タックのやり方も色々あるので今回紹介した方法が合わない方は他の先輩方の方法を試してみると良いでしょう。

これからもより良い女装ライフを送っていきたいですね!